【珍しいコストコ】アメリカにしかない!Business Costcoに行ってみた

生活
スポンサーリンク

どーも、たっど(@Tad44898586)です。

カリフォルニア駐在者が、アメリカにしかないちょっと珍しいCostcoに行ってみたので、ご紹介したいと思います。商品がとにかくでかい!!!

この記事で分かること
  • Costcoの正しい読み方
  • Business Costcoとは?
  • 店内の様子
  • 売っている商品
全部が
でかい!

Costco の正しい読み方

日本でも大人気のCosto。もちろんアメリカでも大人気です!

僕もコストコと呼んでいましたが、アメリカ人はコスコと言います。

発音の仕方なので問題ないんですが、つかみとして、念のため(笑)

Business Costco(ビジネスコスコ)

アメリカでも数少ない事業者向Costco

正式にはCostco Business Centerといいますが、みんなBusiness Costcoと呼んでいます。

Business Costcoとは全米で20店舗ほどしかない小規模事業者向けCostcoのこと。

但し、事業者向けと言いつつ一般のCostco会員なら誰でも買い物することができます

外観は普通のCostcoと大差ない感じですが、以下が特徴です。

参照:Costco HP(英文)

色々なものが大量に買える

普通のCostcoも日本人からするとそれぞれの商品のボリュームが大きいですが、

Business Costcoは更に大きいです!

ピーナッツバターはバケツで売ってます
(後半に写真あり)

開店時間が早い

普通のCostcoは朝10時から開店ですが、事業者向けのためか

朝7時から開店している店舗もあります。

普通の人で朝から「ちょっとでかいブロック肉を買いに」という人は少ないと思いますが。

普通のCostcoより空いている

アメリカでもCostcoは大人気なので、普通のCostcoはお客さんで混雑しています。

休日の開店前は並ぶのも結構当たり前です。ただ、Busines Costcoは比較的に空いています。 

(行ったときは普通のCostcoの半分くらいといった印象)

店内の様子

店内は普通のCostco同様に棚があって、通路に商品が並んでいるという感じです。

やはり、この倉庫感がいいですよね!

ちなみに試食はやっていませんでした。(コロナ中だからかもしれませんが)

どんな物が買える?

ピーナッツバターをバケツで

重さ16㎏! 個人で消費できるレベルではないです。

もしかしてアメリカ人は使い切るのか?笑

醬油もバケツで

これもお店じゃないと無理ですね。笑

日本人でも、使い切れる気が全くしません。

マヨネーズはガロン

マヨネーズは1ガロン=3.8リットル

以下では、普通のコストコで買えるコスパ抜群のボディクリームを紹介しています。

肉は塊

これは当然ですね!

この部屋全体が冷蔵庫になってるんですが、おじさん半袖。

こちらの人はみんなめちゃめちゃ薄着です!

じゃがいも一袋20㎏

じゃがいもが一袋で売ってますが、中身は20kgあります!

使い捨て容器

事業者用っぽいところです。

レストランの持ち帰りで使うような容器が大量セットで売っています。

ちなみに、アメリカではレストランで食べきれなかったものは、ボックスをもらって持ち帰るのが当たり前です。

実際に購入したもの

先ほど挙げたものは使い切れませんので、買っていません。

なので、我が家が実際に買ったものを紹介します!

スタバのコーヒー豆

ちょうど家で飲んでいるコーヒー豆があったので、買ってみました。

中身は1.13kgあります!

Milanoチョコクッキー

息子が好きなクッキーが箱で売っていたので、買ってみました。

けど、このクッキーはすぐ無くなりそう。

卵の24個入りパック

こんなパック初めて見た。笑

スパム

うちの家族はスパムおにぎりがみんな好きなので、12缶セットを購入!

最後に

ちょっと珍しいBusiness Costcoに初めて行ったので、紹介させていただきました。

正直、全部が大きすぎてお得なのかは判断できません。笑

機会があれば、Business Costcoで大人買い(?)を楽しんでみてください。

コストコで買えるおすすめ商品の記事もよかったら読んでもらえると嬉しいです!

ありがとうございました!

↓こちらではアメリカ旅行準備に役立つ情報について書いてますので、参考にどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました