ケールチップス/トースターで焼くだけ!栄養満点おやつの作り方

旅行、グルメ
スポンサーリンク

どーも、たっど(@Tad44898586)です。

カリフォルニアで定番のおやつ”ケールチップス”について紹介します。栄養満点のおやつがトースターで簡単に作れます!ケールの栄養価についても紹介!

こんな人におススメ!
  • 子供に栄養があるおやつを食べさせたい。
  • 手軽に作れて、体に良いおやつって?
  • ケールをもらったけど、使い方が分からない。

栄養たっぷり”野菜の王様”ケール

青汁の材料=栄養価が高い

ケールはキャベツの原種といわれる地中海原産の野菜ですが、
やはりケールと言えば青汁の材料として有名です。そのため、

ケール = 青汁 = 栄養価が高い

この公式は簡単に想像できると思います。
そこで、具体的にはどの様な栄養が含まれているかを紹介します。

ケールに含まれる栄養分(100gあたり)
  • タンパク質 :2.1g
  • 炭水化物 :5.6g
  • 食物繊維 :3.7g(キャベツの2倍)
  • ナトリウム :9㎎
  • カリウム :420㎎
  • カルシウム:220㎎(牛乳の2倍)
  • マグネシウム :44mg(キャベツの3倍)
  • 鉄 :0.8mg(キャベツの2倍)
  • 葉酸 :120μg
  • βカロテン :2900μg(キャベツの60倍)
  • ビタミンB1 :0.06mg
  • ビタミンB2 :0.15mg(キャベツの5倍)
  • ビタミンB6 :0.16mg
  • ビタミンC :81mg(キャベツの2倍)
  • ビタミンE :2.4mg(キャベツの24倍)
  • ビタミンK :210μg(キャベツの3倍)

出典:文部科学省 食品成分データベース

バランスよくたくさんの栄養が含まれていて、カルシウムは牛乳より多い!

ケールに含まれる栄養素は体内の活性酸素を抑える働きがあり、生活習慣病予防やアンチエイジングなどの効果が期待できます。

通年で手に入る

ケールは育てやすいことも特徴で、息子が通う幼稚園でもトマト等と一緒に栽培しています。

幼稚園で採れたケールをよく持って帰ってきます!

日本でも北海道から沖縄まで一年を通して栽培されているため、いつでも入手することができます

苦味があるのにおやつにできる

ケールは“苦い”というイメージがあると思います。
ただ、チップスにして塩をふりかけると、ケールの甘みが引き立ってとても食べやすくなります!

パリパリの食感もクセになる!

苦味が完全に消えるわけではありませんが、野菜嫌いの子供達もおやつで出すと大喜びするほどです。

簡単おやつ ケールチップス

作り方

レシピというほどのものではありませんが、ケールチップスの作り方を紹介します。


① ケールを洗う。 
 まずはケールを水で簡単に洗います。

② 茎の部分を切り落として、ひとくち大にする。
 次に、硬い茎の部分を切り落とし、葉をひとくち大にします。

③ トースターで3分程度焼く(220℃)
 220℃のトースターで3分程度焼いていきます。

焼きすぎて焦げてしまわないように、注意が必要です。
焦げてしまうと子供たちは食べてくれません。。。

ケールから白い煙が薄く出たら、もうすぐ焦げる合図です!

④ 塩をかける
 最後に塩をかけて完成!

最後に

栄養満点でうちの子供たちも大好きなケールチップスを紹介しました。
トースターで焼くだけなので、ぜひ一度試していただけたらと思います。

以下の記事ではアメリカのオーガニックスーパー Trader’s Joesで購入できるおススメおやつを紹介していますので、こちらも読んでもらえると嬉しいです。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました